全国総会一覧


広範な国民連合第25回全国総会  ■新任の代表世話人あいさつ 佐野 慶子

戦争をさせない1000人委員会・静岡共同代表(元静岡市議会議員)佐野 慶子

 

 

 

 このたび、代表世話人に選出されました。皆さま方といっそう力を合わせ「自主・平和・民主」の政治をめざして奮闘する決意です。
 1953年設立の零細商工業者団体の事務局員として共に税や経営、大型店出店阻止の闘いや地場産業を守り育てる活動を続けてきました。1991年~2013年までの22年間、静岡市議として商工業者市民の声を市政に届ける役割を担いました。

続きを読む


自主・平和・民主のための広範な国民連合  第25回全国総会決議

自主・平和・民主のための広範な国民連合 第25回全国総会決議

 

広範な国民連合第25回全国総会は、熱心な議論の末、原田章弘代表世話人の「開会あいさつ」、山本正治事務局長の「提案説明」、および「討論のまとめ」を含めて、決議を満場一致で採択した。2回に分けて掲載する。

決議の構成
1.はじめに(全国総会の課題)
2.第24回総会以後3年間の全国での活動概要と経験について
3.情勢変化の特徴と広範な国民連合の課題
(1)世界は歴史の転換点にある
(2)BRICSはじめ新興諸国が急速に新しい世界の中心に登場している(以上、本号)
(3)「日米台」の軍事一体化で中国敵視・対抗を許さない
(4)戦争か平和かの岐路に立つ東アジア
(5)国家安全保障戦略等見直し、「専守防衛」原則の放棄を許さない。憲法9条改悪に反対する
(6)経済危機と厳しさを増す国民生活
(7)窮地の岸田政権。だが、野党戦線は?
(8)問われる日本の進路。平和と国民の命を守る政治
(9)「自主・平和」の方向を鮮明にし、広範な国民各界各層の連合で政治を変える
4.広範な国民連合の当面の課題・取り組みの基本
5.広範な国民連合を強化します

 

続きを読む


広範な国民連合第25回全国総会 ■ 農業問題 鎌谷 一也

壊滅しかねない日本酪農、破綻する水稲経営
農畜産業の2本柱の再構築なくして、日本の食料安保はない!

全日農会長代行、農事組合法人八頭船岡農場組合長、㈱みんなの農場会長 鎌谷 一也

 

 農民運動に関わりながらも、現場では260ヘクタールの農事組合法人の組合長、そして畜産では農事組合法人の繁殖経営のほかに、1100頭規模(搾乳牛は530頭)規模の酪農経営を行う酪農法人の会長を務めている。今、日本農業の2本柱である米と牛乳が最大の危機を迎えている。

続きを読む


広範な国民連合第25回全国総会  ■ 農業問題 北口 雄幸

五重苦の北海道農業
開拓以来の大ピンチ

北海道議会議員 北口 雄幸

 

 

 

 北海道議会議員の北口雄幸でございます。ただいま鈴木先生、そして鎌谷組合長からビデオでそれぞれ説明がありましたので、私が言いたかったことはあの中にかなり入っております。
 北海道農業は今、言葉で言い表せないほど、大変厳しい環境におかれています。北海道は、ばか正直に国の言いなりになり、大規模化し、しかも専業で農業を続けてきました。その結果どうなったでしょう。本当に厳しい状況なんです。開拓以来の大ピンチと言っても過言ではないと思います。

続きを読む


広範な国民連合第25回全国総会 ■ 沖縄 花谷 史郎

最前線の南西諸島で何が起こっているか?

石垣市議会議員 花谷 史郎

 

 

 

 石垣島からまいりました花谷史郎と申します。2015年に明らかとなった自衛隊配備予定地が私の住んでいる所からすぐ近くだったこともあって、この問題に取り組み始め、現在市議会議員をしています。配備予定地の近くには農家が多く、私も農業をしています。
 小さな集落が多い農村だからなのか、地元の人の意見、声がまったく聞き入れられない状況が続いてきました。市民団体と連携しながら反対運動をしてきましたが、自衛隊駐屯地は23年の3月に開設される予定になっています。

続きを読む


広範な国民連合第25回全国総会 ■ 沖縄 神谷 美由希

戦争が近づいている危機感 どう若者は立ち上がるか?

東アジア共同体研究所琉球・沖縄センターの若者グループYouFo 神谷 美由希

 

 

 

 沖縄から来ました神谷美由希と申します。地球温暖化を止める活動をしております。地球温暖化の深刻化よりも先に戦争が近づいている危機感から、平和な外交について強く関心をもっています。
 いま沖縄では「台湾有事」の危機に対して県民は強い危機感を抱いています。台湾有事を起こさせないための台湾との対話プロジェクトも10月に始まりました。まず戦場になる可能性が高い当事者である台湾と沖縄から声を上げていこうというプロジェクトです。

続きを読む




■全国総会へのメッセージ 岡﨑 宏美

新社会党中央執行委員長 岡﨑 宏美

 

 

 

 日頃より、私ども新社会党に対するご指導ご鞭撻を心より感謝申し上げます。
 また貴団体の活躍に敬意を表します。
 岸田政権は「新しい資本主義」を打ち出しています。しかし、新自由主義から転換できない以上、劣化する雇用・分断差別が進む日本社会の現状を変える事は出来ません。さらに、ロシアの侵攻や中国の軍事増強を理由にした攻撃型軍備への転換はまさに憲法破壊そのものであり決して許されません。

続きを読む


■全国総会へのメッセージ 西島 藤彦

部落解放同盟中央本部執行委員長 西島 藤彦

 

 

 

 自主・平和・民主のための広範な国民連合第25回全国総会の開催にあたり、日頃よりの部落問題の解決をはじめとした差別問題・人権問題への共同した取り組みに感謝申し上げ、総会の成功を祈念して連帯のメッセージをお送りいたします。

続きを読む


■全国総会へのメッセージ  在日本朝鮮人総聯合会 

在日本朝鮮人総聯合会中央本部 国際統一局

 

 広範な国民連合第25回全国総会開催にあたり、私たちは心よりお祝いを申し上げるとともに皆さまが格差社会の是正と、平和憲法を守るために日々奮闘されていることに改めて敬意を表するものです。
 また、民族教育をはじめとする在日朝鮮人の人権擁護のための私たちの活動に対する惜しみない声援に心から感謝を申し上げます。

続きを読む


■全国総会へのメッセージ 中国国際交流協会

 

中国国際交流協会

 

 広範な国民連合第25回全国代表大会開催にあたって、中国国際交流協会は謹んで熱烈なお祝いを申し上げます!
 今年は中日国交正常化50周年です。この50年、中日関係は風雨を経ながらも歩みを止めず、全体として前進してきました。9月29目、習近平総書記と岸田文雄首相は祝電を交わし、国交正常化50周年を契機として新時代の要求に沿って中日関係を一致して築いていくことを強調しました。先日、習近平総書記は党の20回大会の報告で、中国は世界平和の擁護を終始堅持し、共同発展の外交政策の考えを促進し、人類運命共同体構築を推進することを打ち出しました。

続きを読む


■全国総会へのメッセージ  鳩山 友紀夫

日本の真の自立で平和と繁栄を確保する

東アジア共同体研究所理事長(元内閣総理大臣) 鳩山 友紀夫

 

 

 

 自主・平和・民主のための広範な国民連合の皆さん、先ずは第25回全国総会の開催を喜び合い、連帯のメッセージを送らせていただきます。
 ロシアのウクライナ侵攻が開始されてまもなく、ウクライナのゼレンスキー大統領が日本の国会でオンライン演説をされた際、多くの国会議員が与野党を問わずスタンディングオベーションの拍手で迎えたという。この話を伺った時、この国の安全保障に大きな不安を感じたのは私だけだったのでしょうか。
 与党のみならず、野党まで真実を見極めようともせず、西側からの報道をただ単に鵜呑みにしてアメリカに従属してしまうことの危険性を私はとても心配いたしました。言うまでもなくロシアのウクライナ侵攻は非難されなければなりません。しかし、なぜその様な行動に出たのか、真相を理解しなければこの戦争を止めさせる力にはなり得ません。実態は、ロシア軍とアメリカ・NATOの兵器との闘いがウクライナを舞台に行われております。アメリカなどによるウクライナへのNATO加盟への勧誘とウクライナ政府による親ロ派住民への民族浄化的な謀略さえなければロシアのウクライナ侵攻は無かったと思うのです。

続きを読む