2021 新年のご挨拶 劉 洪才 さん

共有(シェア)Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

中国国際交流協会副会長 劉 洪才

自主・平和・民主のための広範な国民連合の皆様
 新年の初めにあたり、中国国際交流協会を代表して、皆様に新年のご挨拶を申し上げますとともに、新しい一年、貴連合の事業のさらなるご発展をお祈りいたします。
 2020年は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染症と闘う中で、中日両国人民は、互いに支持し、助け合い、「山川異域、風月同天」(山河は異なろうとも、風や月は同じ天の下にある)との友好的な美談を記しました。日本の新政権誕生後、習近平中国国家主席と菅義偉日本国首相は電話会談を実現させ、両国関係の今後の新たな発展を計画し、方向を明確に示されました。
 2021年は中国共産党建党百周年であり、中国は所期通り小康社会の目標を全面達成することになります。同時に、2021年は中国が第十四次五カ年計画を実施する最初の年でもあります。先日閉幕した中国共産党第十九期五中全会のコミュニケでは、中国はこれからよりハイレベルの対外開放を実行し、協力によってウィンウィンの新しい局面を切り開いていくことが明確に打ち出されました。
 中日両国は世界第二、第三の経済大国として、交流・協力の強化と両国関係の改善と発展が両国と両国人民の根本的な利益に合致すると同時に、国際社会の両国に対する普遍的な期待にも合致するものであります。両国関係の改善・発展にとって、民間友好の増進はその重要な構成部分で、欠かせない役割が課されています。
 新しい年において、貴連合と弊会は引き続き中日民間友好事業により一層の貢献をささげるために、共に頑張りましょう。

 2020年12月吉日
(「日本の進路」編集部訳)

共有(シェア)Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin