強制連行犠牲者追悼碑撤去処分

不当極まりない東京高裁判決を糾弾する

群馬の森追悼碑裁判弁護団長 広範な国民連合代表世話人 角田 義一

二度と過ちを繰り返さない誓い

 東京高等裁判所民事第10部高橋譲裁判長は8月26日、群馬の森追悼碑裁判で極めて不当な判決を下した。一審の前橋地裁は、群馬県の不許可処分を取り消す判決を下していた。ところが、東京高裁の高橋裁判長は原告の請求を棄却した逆転判決を下した。 “強制連行犠牲者追悼碑撤去処分” の続きを読む