「北海道5区補選のように闘えば野党共闘は全国各地で勝てる」のか?

北海道5区衆議院補欠選挙結果を見る

「北海道5区補選のように闘えば野党共闘は全国各地で勝てる」のか?

月刊「日本の進路」編集部

 北海道5区の衆院補選(4月24日)では、野党統一(無所属。民進、共産、社民、生活推薦)の池田まき氏が健闘した。しかし、1万2千票差で自民党公認(公明及び日本のこころ推薦)の和田義明氏に及ばなかった。池田支持で奮闘された皆さん、まことにお疲れさまでした。
 補欠選挙とはいえ、「野党は共闘」が叫ばれて以後はじめての国政選挙での野党統一で、自公政権勢力と対峙し争った選挙となって、その結果が注目された。この結果から何を読み取るか。その教訓は、選挙闘争だけでなく安倍政権とのたたかいを進める上で重要である。
 中には、「衆院北海道5区補選のようにたたかえば自公に野党共闘は全国各地で勝てる」という見解まである。本当にそうか? “「北海道5区補選のように闘えば野党共闘は全国各地で勝てる」のか?”の続きを読む