[2020年新春メッセージ] 日本青年団協議会

共有(シェア)Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin

新年あけましておめでとうございます

日本青年団協議会 会長 福永 晃仁

 日頃より労働者や商工自営業者、農林漁業者をはじめ広範な国民の連合を発展させるべく運動に取り組まれている貴団体の皆様に深く敬意を表し、全国の青年団を代表してメッセージをおくります。
 アメリカを中心とする国際情勢は悪化の一途を辿っています。中華人民共和国(中国)との貿易摩擦や朝鮮民主主義人民共和国(共和国)との対立は、両国間の関係のみならず、その他の国々にまで影響を及ぼしています。こうした中、わが国の政府与党内では、改憲へむけた動きが進んでいます。憲法に謳われた生命、自由および幸福を追求する権利の適正な履行のためにも、青年一人ひとりが主権者の一人としてこれからのわが国のあり方を考えていくことを呼びかけて参ります。
 日青協では真の平和とは、武器を持つことではなく、対話を通じお互いを認め合うことから始まります。私たちの先輩はかつて戦争に加担したことを真摯に反省し、二度と銃を取らないことを固く誓い合い、戦後いち早く青年団を再建し、積極的平和の実現をめざし活動してきました。平和への努力を希求する青年団の精神は連綿として私たちに受け継がれています。だからこそ、私たちは現政権の動きを看過できません。
 私たち青年団は設立当初から、自分づくり、仲間づくり、地域づくり、そして世界平和を掲げ運動を進めてきました。いつの時代も真実は現場にあります。国民一人ひとりの暮らしに根ざした住みよい地域づくりと子どもたちの未来のために、微力ではありますが、私たち青年団も引き続き取り組んでいきます。みなさま共に頑張りましょう。
 貴団体のますますのご発展を心より祈念いたします。

 2020年 元旦
(見出しは編集部)

共有(シェア)Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin