『オール沖縄』に連帯し、真の主権を取りもどす集い

 春爛漫の頃、皆さま、ご活躍のことと存じます
 「経済援助はいらない。だから基地をどけてくれ」。この声が、沖縄では保守・革新を超えて大きく高まっています。
 この1月27~28日、保守・革新を超えた『オール沖縄』として、全市町村長・市町村議会議長・県議会全会派の議員、婦人会連合会・商工会連合会・連合沖縄の代表など150人の代表団が建白書を携えて上京しました。
 建白書は「復帰40年目の沖縄で、米軍はいまだ占領地であるかのごとく傍若無人に振る舞っている。国民主権国家日本のあり方が問われている」と指摘し、「オスプレイ配備撤回、普天間基地の閉鎖・撤去、県内移設断念」を政府に求めています。しかし、政府はこれに真摯に応えようとはしませんでした。
422v2.jpg[PDF]

“『オール沖縄』に連帯し、真の主権を取りもどす集い”の続きを読む